トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

神曲

神曲。
ニコニコ動画でよく言われるカミキョクではなく、
ダンテの『神曲』を購入した(地味に高い)。

6年くらい前、文学部に入って、一番最初に大学図書館で借りて読んだ本が、
この神曲(勿論日本語訳)だった。
内容は大したこと無いけど、かっこいいセンチメンタリズムな文章は、
当時の僕の心を揺さぶった。
しっかりとした日本語訳で、一文一文が芸術的だったな。
あの時代の文学は、そういった形式美・様式美に溢れていた。
大学時代、モダニズムやロマン主義にかじりついていて、
神や形式美を重んじるゴシックや古典主義を軽視していたが、
最近、ようやく良さがわかってきた気がする。

内容は兎も角、あの練られた文章を読んでいると、
ハリボテだらけの現代商業主義作品から、
少し、開放されるような気がするのよね。

低俗と高尚。
すごくチープな言葉で表現しちゃうけどさ・・・
自分をどこに設定するのか、すごく迷っちゃうね。最近。

社会人になってよかった。
低俗文化は、社会人にならないと触れられないからな!
そして社会を知らない人間は、何も作れないんじゃないか!?

ってのが、前々から持ってた持論です。
笑い、笑え、笑う。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カテゴリ

つぶやきちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。