トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

キャラシートテスト ロイテ・ボック

キャラクターシートなるものを作ってみたので、
ボックを当てはめてみた。
いままで細かく設定を練ってこなかったので、思いつきな点もあるけど、
こうして文章に残してしまえば、あるていど固着擦ると思います。

こういう設定をしっかりと練って、創作にしたい。
たぶん、そうしたほうが、作品も綺麗に纏められそうだし・・・名前:ロイテ・ボック
種族:人間
性別:不詳(肉体的には男性)
年齢:20代中盤
身長・体重:174cm 70kg
家系:ボック家 小作人の家系で、けっして裕福ではない。
家族構成:長男(一人っ子) 一人暮らし 母親が若くして他界
職業:行商人 自称詩人
趣味:読書 詩作 文具集め
性癖:相手を困らせるような何か
好物:シェパードパイ
苦手な食べ物:海ぶどう 砂糖菓子 極端に甘いもの
嫌悪対象:無思慮なクレーマー 無思索な政治家
ステータス:体力C 力C 防御C 魔力B 素早さC 知性A 感性C
武器:槍
戦闘スタイル:一般的な槍術 武闘派ではない
口調:一人称が美濃方面で使われている「わっち」であるが、美濃出身と
いうわけではない。淡々とした口調で、淡々とボック自信の考えを述べる
ので、よく人から反感を買う。相手をおちょくる時は、無駄に明るい口調
になる。
サンプル台詞:
「みんな変態なんだ。わっちも、おまえもな。わっちは唯、隠さないよう
にしているだけだ」

自由記入欄:
  農家の息子だが、家業を継ぐ気は一切なく、現在は一人暮らしをしながら
ホソボソと小売業をしている。自由時間の大半は読書と詩作に使う。
友人は少なめだが、信頼できる友人とはかなり長いこと付き合う。どちら
かと言えば女性好きだが、バイセクシャルでもある。
  母親が若い頃に他界しており、父親に育てられた。農家である父親は寡黙
で、もくもくと作業と子育てを勤しんでいたが、子供だったロイテにとっ
てその姿は、「空虚」なように思えた。農家という職業を卑下しているわ
けではないが、日々のルーチンワークを黙々とこなす父親の人生からは、
「人間性」を感じられなかった。そうしてロイテは、「人間性とはなんだ?」と、
模索を始めた。
  ロイテ自信が成長し、思索が深まるにつれて、答えは闇の中へと沈んでい
った。結局、人間性とは「思索の渦」そのものではないかと考えるように
なった。
  人間には、一元的な答えはなく、二項対立の正否も無い。唯、あるのは、
動物的な本能と理性的な知性だけであり、人間はその2つの「極」を、右
往左往するものだと信じた。
  そうしてロイテ自信、本能的な要素と、理性的な要素を培おうと研鑽を始
めた。詩作と思索、一人暮らしと、変態的な発言は、その研鑽の最中であ
るロイテ自信の「思索の渦」の現れである。
  ちなみに、ロイテは自分のことを「ボック」と名乗る。あえてファミリー
ネームで名乗るのは、歴代の文豪たちが、ファミリーネームで語られるこ
とが多いからである。ただのワナビーである。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カテゴリ

つぶやきちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。