トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

文章を書くということ

 最近、ほとんど文章を書いていない。
 仕事中のメモや議事録程度は取るが、仕事中に書いた文章には、心が全くと言っていいほど入っていない。事実のみを伝える、無機質な情報の塊だ。
 以前から、「文字を書く」事が好きだと自負していたが、それは、必要な情報を、ノイズを完全に取り除いた状態で書き残す議事録や論文のことではなく、「感情やノイズが入りまくった文学的な文章」のことだった。暫く、私はそれを忘れていたのだと思う。
 「文学的」といっても、大したことはない。ただ、感情的な文章が書きたいだけだ。書いている瞬間の、リアルな感情が投影されるような文章が書きたい。議事録や仕事のレポートなどでは決して現れない、言葉と言葉の繋ぎ目からにじみ出るエネルギーみたいなものを含有した文章!

 とりあえず、今年最後の仕事を、今日の午前中に終わらせてきた。この半年くらい、陰鬱とした感情に悩まされてきた、が、こうして文章を書いて、楽しく文章を書いて、自分の中身を書き残すような文章を書いて、今後共乗り越えていきたいと思う。
 創作も停滞していたが、これから進めていきたい。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カテゴリ

つぶやきちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。